【解決】ケノンが効果が無いという人にはこの6項目が当てはまる

【解決】ケノンが効果が無いという人にはこの6項目が当てはまる

ケノンが効果がない人は次の6項目を要チェック

ケノンは、2019年10月時点で楽天市場のレビュー総数が13万件を越えている大人気家庭用脱毛器です。

テレビや冷蔵庫など家庭に必須の家電ではなく、またゲーム機のように広く普及しているものではない脱毛器が、楽天市場で最も売れている理由は1つしかありません。

それは、ケノンの脱毛効果が本物だからです。

最近、amazonの口コミ偽装問題が大きな話題となりましたので、楽天市場の口コミもヤラセやサクラなのではと不安に思う方もいるかもしれません。

ですが、楽天市場では商品を購入しなければ評価を付けることはできません。

ケノンは1台69,800円もする脱毛器ですので、13万件のほとんどがヤラセやサクラとは考えられませんよね。

また、ケノンはこれまでに大々的な広告展開を行なったことがありませんので、こんなにも有名になったのは、一重に口コミのパワーと言わざるを得ません。

しかし、どんなに評判が良い脱毛器でも、実際に使ってみた結果、効果を感じられなかった人もいるでしょう。

そこで、何故脱毛効果を実感できなかったのか、口コミやレビューを元に検証しました。

>>ケノンの公式サイトを見る

1.カートリッジの表面をキレイに掃除しているか

ケノンのカートリッジ表面を掃除する

カートリッジの表面に汚れが付着していると、光が毛根に届かなくなり、脱毛効果が弱まります。

新品で購入された場合は当然綺麗なのですが、中古で購入した場合には照射面に汚れがこびりついている場合があります。

汚れの原因は空気中にある埃や、皮脂、焼けた毛のカスなどが、フラッシュが照射されることによって照射面に焼き付いてしまったものです。

ムダ毛が長いと、

  • 熱を集めやすくなり、やけどの危険性が増す
  • 毛のカスが照射面に付着し汚れやすくなる

ということにつながるので、ケノンを使用する際はムダ毛を剃ってから使用しましょう。

付着した汚れはアルコールで落とすことができます。

使用後にアルコールが入ったウェットティッシュやアルコール(または無水エタノール)を湿らせた綿棒などで掃除をしてください。

  • 照射面の角は指で綺麗に掃除するのが難しいため、綿棒を使って隅々まで綺麗にするのがポイント

除光液やベンジンなどは化学反応を起こして照射面が白っぽく変色してしまったり、変形する恐れがあります。

また、水や中性洗剤は故障の原因になりますので使用しないでください。

汚れの焼き付きを考えたら照射ごとに照射面を掃除するのがベストですが、その日の照射終わりに掃除するだけで汚れの付着を予防できます。

なかなか汚れが落ちないときは、決して強く擦らず、コットンなどにアルコールを染みこませたものを照射面に乗せ、しばらく放置をしてから優しく擦って下さい。

使い続けていくうちに気になってくるのがフチの汚れですが、こまめに掃除をしていても照射面のフチにあるプラスチック部分にこびりついた汚れはなかなか落ちません。

つい力を入れて掃除をしてしまいがちですが、あまり力を加えてしまうと照射面のガラスが割れてしまう恐れがあります。

見た目が気になるかもしれませんが、フチの汚れはカートリッジの性能に影響は出ませんので気にしなくて大丈夫です。

2.照射レベルを8以上に設定しているか

脱毛効果は照射レベルによって大きく左右されます。

脱毛レベルが低いと、それだけ毛乳頭に与えるダメージが少なくなりますので、効果が出るまでに時間を要します。

ですが、逆にレベルを上げ過ぎるとやけどの恐れもあります。

よって、肌の状態を見ながら行うというのが鉄則なのですが、効果的に脱毛をするにはレベル8以上がおすすめです。

やけどのリスクを下げるために、

  • 照射前にはかならずムダ毛を剃る
  • 照射前後に必ずアイシングをする

この2つは必ず守りましょう。

3.使用ペースは2週間に1回をまもっているか

カレンダー

Q.毎日つかっても大丈夫ですか?

A.毎日使えば早く結果が出るというわけではありません。

効率的に処理する為には、成長期の毛に照射する必要があります。

2週間程度の期間を空ける事をお勧めします。

引用:毎日つかっても大丈夫ですか? – ケノン公式ユーザーサポートサイト

毛には、

  • 成長期
  • 退行期
  • 休止期

を繰り返す、毛周期(ヘアサイクル)というものがあります。

光脱毛はメラニン色素が多い毛乳頭を破壊し脱毛を促す脱毛方法ですが、メラニン色素は成長期の毛にしかなく、退行期、休止期の毛に照射しても意味がありません。

照射後、10日~2週間程度で毛がスルスルと抜け落ちてくる毛が成長期の毛で、抜け落ちない毛が退行期の毛です。

また、パっと見、生えている毛が毛の全量のような気がしますが、肌の表面上に見えている毛は全体の2~3割程度しかありません。

毛には1本1本に毛周期があり、どのタイミングで生えてくるかわかりませんので、2週間に1度のペースで照射するのは非常に効率的といえます。

最近では2週間に1回照射可能な脱毛サロンも増えてきましたが、通い放題プランでない限り回数満了が早くなるだけですので、あまり意味はありません。

また、通い放題プランであっても某脱毛サロンのように、「月々8,400円で全身脱毛ができるプランが最短2週間に1回通える」ということを謳っているにもかかわらず、3か月に1回しか予約が取れないといったケースも実際に起きています。

ですので、2週間に1回、効率よく脱毛をするならケノンが確実です。

4.脱毛部位によってカートリッジを使い分けているか

部位によって毛の濃さや太さが違うため、カートリッジを使い分けることでより効果的に脱毛が行えます。

ヒゲやアンダーヘアなど、濃く太い毛にはストロングがおすすめです。

現在発売されているケノン最新版Ver.8.0には、

  • スーパープレミアム
  • 広範囲の脱毛に最適なエクストララージ
  • 美顔用のスキンケア
  • 剛毛にも対応しているストロング(要レビュー)

この4つのカートリッジが付属します。

これらのカートリッジを使い分けで効果的かつ効率よく脱毛を行いましょう。

5.古いケノンを使っていないか

毎年バージョンアップし進化するケノン

ケノンは毎年バージョンアップしています。

カートリッジの性能も年々進化しており、2019年に発売されたVer.8.0では、照射数最大300万というスーパープレミアムカートリッジが登場しました。

スーパープレミアムが進化したポイントは照射数だけではありません。

従来品のプレミアムと比較して、照射出力が120%アップしています。

私が初めて使用したのはVer.4.0のケノンですが、色々な脱毛器を使用してきた中で最も効果のある脱毛器だと感じています。

そのため、効果がないのは古いケノンだから、ということは絶対にないと言えます。

ですが、最新版と比較すると出力に差があるのは間違いありませんし、中古で購入された場合、本体やカートリッジが劣化していることは十分に考えられます。

6.継続して脱毛しているか

ケノンは1回使っただけでツルツルになる脱毛器ではありません。

たった1回でツルツルになるになるなんてことは、クリニックでも不可能です。

目に見えて効果が出ないとやる気がなくなってしまう気持ちはわかりますが、脱毛は一朝一夕で効果が出るものではありません。

光脱毛は黒いもの反応するという性質上、脚やワキ、へそ下など、比較的濃くて太いムダ毛は比較的短時間で効果を実感できます。

しかし、産毛や腕毛など毛が細く薄いムダ毛は、効果が出づらい部位となります。

本当に効果があるのかまずは確かめたいというは、濃くて太いムダ毛から脱毛をはじめてみると良いでしょう。

>>ケノンの公式サイトを見る

脱毛効果はあるが永久脱毛はできない

だめ

ケノンは永久脱毛ができる機械ではない

ケノンには永久脱毛の効果はありませんが、69,800円で全身脱毛が約1,200回も行えます。(スーパープレミアム使用時)

永久脱毛が行えるのは医療脱毛だけですが、医療脱毛で全身脱毛を行う場合、安くても20万円(5回)はかかってしまいます。

脱毛回数は脱毛部位によって異なり、ワキ脱毛は5回程度で完了する方も多いのですが、VIO脱毛は8~12回程度かかる人が多いのです。

よって、20万円は基本料金と考えておいたほうがよいでしょう。

継続使用すれば効果を発揮する

毛を生やさなくするには毛乳頭を破壊するしかありませんが、毛乳頭は再生組織なので、再生組織がある限り毛は生え続けます。

毛乳頭は毛抜きやワックスで抜いても取り去ることはできず、毛乳頭を破壊するには、医療脱毛(レーザー脱毛)しかありません。

ケノンやサロンで使われている光脱毛はレーザー脱毛程パワーが強くないため、破壊し尽くすことはできませんが、ダメージを与えて小さくすることができます。

継続して照射し、毛乳頭を小さい状態にしておくことで、永久とも言える減毛・除毛を実現しています。

ケノンで効果ナシという人に一番多いのがやる気の低下

ソファにもたれかかってやる気がない女性

1.脱毛目的が弱い

脱毛に限らず、ダイエットでも資格取得の勉強でも、目的意識が弱いと続けることができません。

ケノンは家庭用脱毛器ですので、脱毛を行うには自分の意思でやるしかありません。

予約を入れて通うというある種のプレッシャーを課した方が脱毛を続けられるという人は、家庭用脱毛器よりもサロンやクリニックに行った方が効果的でしょう。

2.自分で処理するのが面倒になる

家庭用脱毛器の多くは、アイシングして照射するだけといった工程になりますが、照射面積が広くなるほど作業時間がかかります。

購入したては色々な部位を脱毛しようとつい張り切ってしまうのですが、複数の部位をまとめて脱毛しようとすると、どうしても時間がかかってしまいます。

①1度の照射に2~3時間かかってしまう

②2回目以降やるきが失せる

③効果を実感できる前に使わなくなる

張り切り過ぎは、負のスパイラルを招きかねません。

まずはワキやヘソ下など、小さいエリアからピンポイントに脱毛することをおすすめします。

3.脱毛作業の予定を忘れてしまう

脱毛は続けて行わなければ効果がありません。

ケノンは見えるところに置いておきましょう。

カレンダーに次回の脱毛予定日を記入しておくのも有効です。

ケノンの脱毛効果に満足できなければメルカリで売って医療脱毛へ行こう

ケノンを使ってみたけど、あまり効果を実感できなかったという人は医療脱毛をおすすめします。

医療脱毛であれば費用が掛かる分、確実に脱毛効果を実感できます。

使わなくなったケノンは、メルカリならそこそこの値段で売れていますので、型落ちする前に売りに出したほうが値崩れを防げます。

ケノンの中古/新品通販はメルカリで

>>ケノンの公式サイトを見る

脱毛サロンと比較したケノンのメリット

脱毛サロンとケノンの比較

来店不要で自宅で処置できる

ケノンは家庭用脱毛器ですので、折角の休日にサロンやクリニックに行く必要がありません。

行かなくていいという時点で大きな手間が1つ省けますが、行かなくていいということは、来店予約をする手間も掛かりません。

脱毛サロンの場合、初回時の予約はかなりスムーズに取ることができるのですが、実際の施術が始まる2回目以降の予約はなぜか予約がいっぱいでなかなか取ることができないという口コミが非常に目立ちます。

また、生理中の脱毛は、VIO脱毛に限らず、肌が敏感になりやすい時期のため脱毛を避けることがすすめられています。

生理の日をある程度予測することはできても、確実にコントロールすることはできません。

急に生理になってしまった場合、体調面を考慮するとキャンセルすることが望ましいのですが、当日キャンセルの場合、キャンセル料として1回分の施術回数が消費されてしまうこともあります。

1度キャンセルをしてしまうと予約の空きがなかなか出ず、1回目の施術から5か月以上経ってようやく取れたというケースも少なくありません。

クリニックの場合、生理中でも施術してくれることもありますが、安全面を考慮して出力を抑えた施術となりますので、回数制の場合損をした気持ちになるのは否めません。

ケノンであればそういった煩わしいことは一切ありません。

脱毛サロンより安い

ある有名な脱毛サロンでは、両ワキとVラインの6回コースが初めてのお客様に限り100円という価格で提供しています。

費用面からみれば激安です。

しかし、脱毛サロンの場合、自己処理がほぼいらなくなるまでには12~18回照射が必要になりますので、6回だけでは効果がでてきたかなと感じるレベルです。

また、100円という価格から察せられるように、この商品は当然客寄せ商品です。

他の高額プランへの勧誘は必ず行われます。断れる自信がない方はちょっと試してみようかなという気持ちで行くのはおすすめできません。

ちなみに、この脱毛サロンで最も高額なプランは全身脱毛コースで、費用は6回で192,900円、18回照射する場合578,700円かかります。

578,700円かけても、その効果は永久ではありません。

ケノンも光脱毛なので永久性はありません。しかし、ケノンは69,800円で、約1,200回の全身脱毛が可能です。

脱毛完了までの期間が短い

毛には、成長期、退行期、休止期という、毛周期(ヘアサイクル)というものがあります。

ケノンや脱毛サロンで使用される光脱毛というのは、成長期のメラニン色素が多い毛乳頭を破壊し脱毛を促す脱毛方法です。

成長期の毛は光を照射されると、10日前後で毛がスルスルと抜け落ちてきますが、退行期や休止期の毛はメラニン色素の生成が止まっているため抜けません。

脱毛サロンや医療クリニックが毛周期に沿って脱毛を行うのは、1度抜け落ちた毛が再び成長期に入るのを待つためです。

確かに、1度抜け落ちた毛に対しては3か月待つ必要がありますが、毛1本1本に毛周期がありますので、他の毛に対しては3か月待つ必要はなく、むしろコンスタントに照射をしていったほうが、効率よく脱毛を行うことができます。

ケノンでは毛周期や肌へ影響を考慮して2週間程度の期間を空ける事を勧めています。

>>ケノンの公式サイトを見る

ケノンのメリット

メリット

トップクラスの性能を持つ家庭用脱毛器

脱毛器のパワーは、脱毛サロン(光脱毛)で30J以下、医療クリニック(レーザー脱毛)で60J以下とされており、パワーが上がるほど脱毛効果は高くなります。

「1?あたり5ジュールと記載された脱毛器は結構ありますが、ケノンはそんなもんじゃありません!!」と謳っています。

しかし、ケノンはジュール数を公表していないため正確な強さがわかりませんが、ケノンの前身であるイーモリジュが19Jだったことから、それ以上の出力であると仮定した場合、脱毛サロンで使用している脱毛器と同レベルのパワーを持つ脱毛器であると言えます。

可能な照射回数が多いので残りを気にする必要なし

ケノンの最新Ver.には、最大300万発(レベル1)照射できるスーパープレミアムが付属しているほか、エクストララージとストロング(要レビュー)という2種の脱毛用カートリッジが付属しています。

そのため、照射回数を気にする必要はありません。

照射範囲が広いので効率よく脱毛できる

スーパープレミアムの照射面積は横3.5cm×高さ2cm=7?の広さがあるので、効率よく脱毛することができます。

エクストララージはさらに大きく、横3.7cm×高さ2.5cm=9.25?もあります。

広範囲の脱毛を行う際には大き目の冷却材を使用することで、照射前後のアイシングをまとめて行うことができ、脱毛効率がさらにあがります。

>>ケノンの公式サイトを見る

ケノンがおすすめの人

こんな人におすすめ

全身を脱毛したい人

ケノンは一般的な家庭用脱毛器では照射が難しいとされる、ヒゲやVライン、指毛なども脱毛可能な家庭用脱毛器です。

公式サイトではIライン、Oラインは、皮膚が薄く肌の色が異なるため避けてくださいと注意書きがありますので脱毛する際には自己責任となりますが、Iライン、Oラインの脱毛も可能です。

Iライン、Oラインの脱毛を行う場合は、粘膜に照射しないようしっかりと保護をしてから照射を行ってください。

特にIラインは他の部位よりも肌が黒ずんでいる場合がありますので、照射レベルは低めに設定し、皮膚を引っ張りながら照射することでムラなく照射することができます。

できるだけ脱毛費用を安くしたい人

現在発売しているケノンの最新Ver.は、最大300万発(レベル1)照射できる最新版のスーパープレミアムカートリッジが付属しています。

レベル10の場合、10日に1回のペース使い続けても約1,200回全身脱毛が可能です。

※ケノンによる厚生労働省が公表している平均身長に基づき有毛部に対する照射回数を試算結果より

こちらに各クリニック・脱毛サロンの全身脱毛にかかる費用をまとめました。

サロン・クリニック 回数 料金
Aクリニック全身脱毛
(顔・VIOなし)
5回 198,000円
Aクリニック全身脱毛
(顔・VIOあり)
5回 303,000円
Aクリニック
(顔・VIOあり+5年間し放題プラン)
606,000円
Bクリニック
(顔・VIOあり)
5回 215,000円
Cサロン
(5ヶ月で1回全身脱毛が可能)
3,990円(月額)
Dサロン 12回 269,980円

クリニックは安くても20万~が相場となっています。

医療脱毛なので脱毛効果は高いのですが、回数にやや不安が残ります。

元々毛が薄い人や脱毛サロンである程度除毛・減毛されている方であれば、5回でも高い効果を得られることが多いのですが、比較的毛の量が多く剛毛という方の場合、8~10回程度脱毛が必要になる場合があります。

医療脱毛をすすめるサイトの中には、5回で満足のいく結果を謳っているところもありますが、全員が本当に満足できるのであれば通い放題というプランは生まれないはずです。

Cサロンは月額制の脱毛サロンで、5カ月にわたって全身27箇所の脱毛を行います。単純に計算して全身脱毛1回で19,950円かかることになります。

脱毛サロンの場合、自己処理がほぼいらなくなるまでには12~18回照射が必要となりますので、18回全身脱毛すると359,100円かかります。

Dサロンは12回で269,980円ですので、Cサロン12回分(239,400円)とほぼ同じ金額です。

最後にケノンとなりますが、ケノンは69,800円で、約1,200回の全身脱毛が可能です。

クリニックやサロンとは比較対象にならないくらい、圧倒的なコストパフォーマンスを誇ります。

確実に脱毛したいという方には、医療クリニックをおすすめしますが、できるだけ費用を安く脱毛したいという方は、ケノンでの脱毛がおすすめです。

>>ケノンの公式サイトを見る

人に見られるのが恥ずかしい人

ムダ毛にコンプレックスを抱いている人は、ムダ毛を見られることに強い抵抗を感じる人が多く、できれば自己処理で脱毛したいと考えている人が大半ではないでしょうか。

相手はプロで見慣れている、恥ずかしがる必要はないと言われても、見せる側としてはやはり恥ずかしいという思いは拭えません。

特にVIO脱毛は、ムダ毛にコンプレックスを抱いていない人でも抵抗があるという人がほとんどでしょう。

ケノンであれば自分で処理することができるので、恥ずかしい思いをする必要がありません。

脱毛サロンに行くのが面倒な人

折角の休日にわざわざ脱毛サロンのためだけに、出掛けるのは時間がもったいないと感じる方も多いでしょう。

ワキ脱毛を脱毛サロンで行う場合、照射時間そのものは5分程度で終わってしまいますので、たった5分のために出かけるのは…と感じる方は、自宅で脱毛を行うほうがストレスなく続けられます。

ケノンならお風呂上りやちょっとした時間にTVを見ながら手軽に脱毛することができるので、時間を有効利用できます。

>>ケノンの公式サイトを見る

ケノンのおすすめ記事

ケノンの評判

ケノンの公式サイトが怪しいのはゴチャゴチャなのが需要があるから

ケノンのサクラでない口コミを見つける方法

ケノンの効果

【解決】ケノンが効果が無いという人にはこの6項目が当てはまる

【必見】ケノンはVIO脱毛にも効果あり!やり方と注意点を解説

ケノンで永久脱毛はできないが近い状態になる人もいる

ケノンを購入する

ケノンの4つの特典を利用して得をしよう

ケノンの4つのカラーと人気カラーを紹介

ケノンがキャンペーンをやっているか調べた!ケノンを買うベストタイミングは?

ケノンを使用するポイント

ケノンを使うときはほくろへの対策がぜったいに必要

【肌が弱い人用】ケノンでやけどしないための対策を紹介

ケノンで毎日脱毛してはダメな理由を調べた

ケノンの光脱毛でワキガは改善しない理由

ケノンの製品情報

ケノンのカートリッジ6種類の違いと特徴を解説

ケノン2019年バージョン(Ver8.0)と前バージョンの違いを調べた

タイトルとURLをコピーしました